表現の仕方の違いだけで、別の味わいに変わる楽しみ

美しい芸術を楽しんだり、思わぬ発見で感動したり、
音楽を楽しみながら、そんな過去の想像も含めて
「生を意識した」生活の楽しみを表現した
1950年代のアルバム『ジョイ・オブ・リヴィング』を
復刻させていただきました。

復刻CD『ジョイ・オブ・リヴィング』XTー720

ここには、アルバムと同名の「ジョイ・オブ・リヴィング」
という曲がテーマになっています。
この曲は、どこか景色の良い大自然の中で
深呼吸でもしているような、清々しい明るさをもった、
さわやかなムードのある演奏で表現されています。
そして、この復刻CDには、
アルバムが発表になる当時に宣伝のために作られた
デモ盤の音源も収録しました。
テイクは多分、同じではないかと思いますけれども、
楽器の音の配分、最後の方にかかるエコーなどの
違いがあり、比べて聴くと、かなり印象が違います。

そして最後に、この曲のバージョン違いを加えました。
同じ楽団による、同じ曲ですけれども、
まったく違ったムードになっていて、私は
こちらの方がお好みです(笑)
このバージョン違いの演奏では、メインになっている
女性コーラスが印象的で、人間味のあるといいますか、
本来はそんな雰囲気、ムードの(曲の)主張だったのではと
思いました。
このテーマ曲による、3つの表現の違いを楽しむだけでも、
面白く堪能いただける組み合わせになりました。

そして、こちらも1つの曲で3種類が楽しめる作品を収録したCDです。

復刻CD『ララミー牧場のCMとテレビ西部劇のテーマ』EHー718

アメリカで、このテレビ映画のスポンサーになった
企業のテレビ・コマーシャル音源を入れておりますが、
その企業が自社宣伝のために
同時期にラジオ・スポットで流していたCM(コマーシャル)も
一緒にあります。
これは同じ曲を当時有名だったという
3つのコーラス・グループに吹き込ませています。
つまり、3種類のバージョンとしてあった訳です。
同じ会社の同じ曲の表現にも、また違ったムードが
楽しめたので、これもまた私にとっては、面白い発見でした。
これらの貴重な音源を復刻させていただいたのは、
あなた様にも、この楽しさの、おすそ分けを
させていただきたいと思ったからです(笑)
 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です